・広告費の削減
不動産会社はいろいろな広告を使います。チラシやネット広告などが今はメインです。例えばポータルサイトなどに掲載すると月に何十万円、掲載数によっては百万円を超えることもあります。それらの広告費をカットし、経費を抑えている会社があります。

・家賃が安い場所で営業している
良く駅前やちょっと駅から離れた場所に大きな店舗を構えている不動産会社があります。駅前の一階部分にあるお店なんかは家賃が高いのです。郊外の大型店でも同様ですね。仲介手数料を割り引いている会社は駅の近くでも一階部分ではない場合やマンションンの一室の事務所のようなところで営業しているケースもあります。郊外でも駅近くではないケースもあります。家賃って都内だと結構高いのですが、このような経費面でも努力している会社があります。

・営業マン、事務員などの数が少ない
人件費も会社運営には大きな部分を占めますが、少数精鋭でやっている会社もあります。大手不動産会社の場合、広告、家賃、人件費など莫大な費用を投下して運営されていますが、少数の場合、そうもいかないので、少ない人員で経費を削っている場合があります。
・コストが大きくかからない集客を行っている
不動産会社にとっての集客というのは今の時代ネットですが、たとえば〇ーモや〇ームズなどに売買の物件を掲載すると莫大な月々のコストがかかります。それで反響をとり営業を行っているのです。しかし、今はどの会社もホームページを持っています。仲介手数料が無料の会社のサイトはしっかり運営されているケースが多いのです。経費が大きくかからない自社サイトでの集客に力をいれ、広告費の削減を行っています。